Nov. 15 2014
Blog 1期生

快晴の山道

先週8日のロング後、11日にペース走12.8km(5分3秒/km)、13日にLSD(60分)をこなし、順調(?)に調整を進めている、チームサッカニーの長谷です[E:happy01]

13日、本日は、ずっとやりたかったことを6名の同士と共に行ってきました。

それは、今流行りの「トレイルラン」[E:fuji]

夏に1人で高尾山を走ったのが初体験で、「上り」は半端なくつらかったけど、山道を爽快に駆け降りるあの「下り」の疾走感とスリルに魅了され、またいつかやりたいなと思っていました。

それ以降、時間と都合の関係から一度もいけてなかったのですが、ラン仲間とトレイルランの素敵さを話しているうちに、とんとんとんと話が進み、武蔵五日市駅から日の出山(標高902m)への約15km(標高差約700m)を同士6人で走ることに[E:good]そして、最終目的地は、町営の「『生涯青春の湯』つるつる温泉[E:spa]」に決定しました[E:scissors]

生涯青春って[E:happy02]

朝8時に武蔵五日市駅に集合し、軽く体操したのちに早速スタート。

初めからかなりの傾斜できつかったですが、途中途中の素敵な景色に癒されながらワシワシとトップを目指して駆け上がりました。

Image1

といっても、ずっと走っていたわけではなく、歩いたり、休憩したり、写真撮ったり、神社でお参りしたり、幸せの鐘なるものを鳴らしたり(笑)と、のんびりゆっくり楽しみながら登っていったので、つるつる温泉まで約3時間30分かかりました。

Image2

マラソンのトレーニングに無理やり置き換えると、「補強」的な感覚かなと個人的には感じています。体幹がぶれないようにまっすぐ保つこと(腹・背中回りの補強)、坂ダッシュやスクワット的な筋トレ要素、足首やひざ回りの普段使わないような筋肉(ひねり動作)の強化、集中力アップ、などなど。特に、下りでスピードが出ている時の体の動かし方や足運びは、アップダウンのあるレースを想定すると、とても良いトレーニングになったのかなと思います。

なにより、快晴の山道を、眼下に広がる紅葉の山々や遠くに見える都会の遠影を眺めながら、仲間と一緒に颯爽と駆け抜けること[E:sun]

この非日常を楽しむことで、走ることの楽しさや気持ちよさを再確認できたことが大きな収穫なのではないかなと思います[E:happy01]

Image3

ちなみに、つるつる温泉は、町営とはいえとても設備が充実していて綺麗でリーズナブルでした[E:spa]

温泉のお湯はなぜかものすごくぬるぬるしていて、本当にお肌がつるつるになりました[E:bleah][E:heart04]

気分を新たに、ランを、マラソンを楽しもうと思います[E:up]

 

Like
Tweet
Line